酵素関連コラム

筋トレは知識が成果を分ける時代!効率よくトレーニングする秘訣は

投稿日:2018年6月18日 更新日:

効率的な筋トレには科学的な知識が必須になっています。筋肉のメカニズムが解明されるにつれ、それにあわせてトレーニング手法も進化しているからです。

筋トレは知識が成果を分ける時代!効率よくトレーニングする秘訣は

栄養面の知識も重要で、アミノ酸の吸収率を高めるために酵素を摂取するなど工夫が必要です。

筋トレはがむしゃらに鍛えても効率が悪く、負荷をかけて休めるサイクルを繰り返す必要があります。筋肉の再構築期間である超回復は数日かけて行われます。筋肉を作るための栄養素の補助なども必須で、効率を考えなければ理想の体が遠のく可能性があるのです。

筋トレは科学的な知識が必要な時代に

筋トレは科学的な知識が必要な時代になっています。がむしゃらに鍛えようとしてもかえって筋力が衰える可能性があり、いつまでも成果が現れない可能性があるからです。

過剰な筋トレは筋肉を分解し、エネルギーとして消費するきっかけになります。筋肉を休ませる必要性が科学的に確認されているのです。

筋肉を作るための栄養摂取も重要です。特に体の材料となるたんぱく質は大切で、プロテインの摂取や、食事のコントロールが必須になります。トレーニングの激しさに応じて加減をする必要があり、炭水化物や脂肪の取りすぎを防ぐなど工夫も必要になります。専門のトレーナーについて貰い、より専門的な指導を受ける人も珍しくないのです。

超回復を意識するのが筋トレの常識に

筋トレの常識になったものの一つが超回復です。筋肉は負荷をかけることで筋繊維が切れ、痛みなどが生じます。痛みが顕著になるのが筋肉痛ですが、この間に筋肉は切れた繊維を再生し、より強く、丈夫な筋肉に変えているのです。筋肉痛の状態で負荷をかけるのはマイナスで、せっかく生まれ始めた新しい筋肉を傷つけることになります。

超回復がどの程度で済むかは、鍛えた筋肉の範囲によっても異なります。目安になるのは48時間から72時間です。ただし、完全に休むよりも軽く運動して血流を良くした方が良いとも言われています。

上半身重点的に鍛える日、下半身を重点的に鍛える日など、日によって筋トレする部位を変えていく方法もあります。

何のために筋トレをするかも重要になる

筋トレをするのであれば、何のために筋トレをするのかも重要になります。純粋に体を鍛えるのが楽しみな人だけでなく、体型を絞りたい人や、競技に強くなりたい人など、目的も異なってくるからです。

競技用のトレーニングであれば、勘を鈍らせないための反復練習なども必要になります。

脂肪を減らし、体を絞る手法の一つが糖質制限です。炭水化物の摂取を控え、脂肪から優先してエネルギーを消費するサイクルを作ることで効率的にやせられるようになります。

脂肪やたんぱく質の分解には酵素が関わっていて、筋肉の材料になるアミノ酸も生み出してくれます。たんぱく質だけをとっても、酵素の働きが弱ければ筋肉にならない可能性もあるのです。

酵素はたんぱく質をより細かく分解する

酵素には様々な種類があり、たんぱく質や脂肪を分解するもの、炭水化物を分解するものなどに分けられます。筋トレ時に重要になるのが、タンパク質分解酵素です。

酵素はたんぱく質をより細かく分解する

アミノ酸が集まってできたものがたんぱく質で、体に吸収するためには一度アミノ酸に分解する必要があるのです。酵素の働きが弱ければ、たんぱく質の吸収率が落ちてしまうのです。

アミノ酸は筋肉の材料になるだけでなく、筋肉や脳のエネルギー源としても使われています。不足すれば代謝が進まず、体や頭の働きが鈍ってしまいます。酵素は体の中でも作られていますが、食事などで補うことも大切なのです。酵素は過熱に弱いため、摂取にも工夫が必要です。

-酵素関連コラム

Copyright© こうそのパワー , 2018 AllRights Reserved.